売 却 相 談

所有物件の売却をする場合、どこに頼んでも同じだと思っていませんか。
実は不動産は『購入』より『売却』の方が難しいのです。売却する場合はあなた自身が『売主』となります。
通常大手不動産会社は売主・買主双方から仲介手数料を得るシステムを採用しています。
本来、高く売りたい『売主』と、安く買いたい『買主』の利害関係は相反します。自社以外のお客様が購入希望として現れたとしても、なんとか自社内のお客様で、お取引をまとめようとする感情が働きます。仲介手数料が2倍になるからです。そこには少しでも高く売りたい『売主』の意向は反映されにくくなります。
     
そんなバカな、とお思いでしょうが、実はこれはまぎれもない事実なのです。
不動会社専用のデータベースである『レインズ』には毎日多くの新着売却物件が登録されます。お客様から
『専任媒介』の依頼を受けた物件は登録を義務づけられているからです。ところが、購入希望者を持つ他社からの問い合わせに対しては、あたかも物件が予約済かのような(すでに購入希望者が存在するかのような)対応をする不動産会社も多くあります。本当に予約済であれば仕方ない事ですが、自社内で『両手成約(仲介手数料は2倍!)』させるためのみにそのような対応をとっているとすれば、『売主』にとっては大変な損失です。
また、『瑕疵担保責任』等、売主側に課されている義務も多くあります。最近では重要な事項の告知義務違反などで訴訟に発展するケースも出てきています。知らなかったでは済まされないのが不動産取引なのです。
     
新築・中古のマンション販売に特化した弊社であれば、売り方、買い方を熟知しています。より多くのお客様に問い合わせていただく広告告知を行います。他社のお客様であっても、購入するためにお問い合わせをいただいた反響を、自社の利益のためのみに黙殺するような事は絶対にあり得ません。 
     
今はインターネットの時代です。適正価格は共有されています。そのため、法外な査定価格を設定しますと、
いわゆる比較対象物件(アテブツ)として扱われてしまいます。査定は直近の近隣成約事例や市場の状況を加味した上で行います。お客様の売却希望の時期も価格に影響があります。
世の中の経済状況(金利や税制等)を見ながら、売却の時期を変える提案をする事もございます。 
大手不動産にはない、きめ細やかな対応が自慢です。
マンションを熟知した専門のスタッフが常駐しております。お問い合わせお待ちしております。
     
 今すぐ査定依頼

●査定は無料でたまわっております。直近の取引事例の資料をご用意しております。
 お気軽にお問い合わせ下さい。

●尚、ご事情で所有物件を賃貸に出される予定の方も賃料査定を致します。
 物件管理は別途ご管理契約の締結が必要ですが、入居希望のお客様のご紹介は媒介報酬のみで
 賜ります。大手法人等多くの入居希望者がおられます。

メインメニュー

リンクメニュー

(株)ジェイ・ステーション
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-7-14
五反田栗の木ビル1階
電話 03-6277-4434
FAX  03-6277-4524
免許番号
東京都知事(5)71610号